[an error occurred while processing this directive]
Contents
Sambaとは?
Samba日本語版
ドキュメント
技術情報
紹介&リンク
Community
プロジェクト
メーリングリスト
イベント
ユーザー会
etc...
お問合せ
ご支援・ご協力
日本 Samba ユーザ会 (Samba Users Group Japan)

Samba-JP News Release 20020204-1

各位

Samba 2.2.3がリリースされました

2002.02.04
日本Sambaユーザ会

Samba 2.2.3 の新機能 - 2002年2月2日

これは、Sambaの最新の安定版リリースである。このバージョンは、現在のバグに対応するため、業務に利用しているすべての Samba サーバにおいて実行すべきバージョンである。

大規模な環境で発生する重大なバグが幾つか存在したが、このリリースではそれらが修正され、大規模なサーバシステムにおいても、アップグレードの推奨ができるようになった。

(注意.日本語版ではありません。)

LDAP 関連の更新

LDAP関連のコードが大きく改良された。configure オプションの--with-ldapsam が充分に安定したと思われる。利用するスキーマが変更されている。新しいスキーマに関する詳細情報は example/LDAP/samba.schema を参照のこと。

Samba を PDC/BDC として設定する際の方法について説明しているドキュメントとして、Samba-LDAP-HOWTO と Samba-BDC-HOWTO がドキュメントツリーに新しく追加された。

winbindd デーモンの拡張

Samba 2.2.2 は、winbind デーモンが初めて同梱されたバージョンである。このコードにより、ネームサービススイッチ(NSS)機構が実装された UNIX システムが Windows NT/2000 のドメインに参加し、ドメインコントローラから全ユーザとグループの一覧を取得することが可能になる。

Samba 2.2.3 では、winbindd における既知のメモリリークが改修され、当初の Linux と Solaris に加え、SGI IRIX と HP-UX (11.x) でも動作するように拡張が行なわれている。

winbind を利用するにあたっての詳細情報については、winbindd と wbinfoのマニュアルページを参照のこと。

winbindd はデフォルトではインストールされないことに注意。

2.2.3 の新規/更新パラメータ

これらのパラメータの詳細については、smb.conf 中のマニュアルページを参照のこと。

追加/更新パラメータ

unix extensions
smbd において、実験的な UNIX 用の CIFS 機能拡張を有効にする。詳細はマニュアルページを参照のこと。
default devmode
プリンタドライバーによっては、デフォルトの devmode が提供されないとWindows NT/2000 のスプーラサービスをクラッシュさせてしまうものがある。このパラメータによって、管理者は smbd がドライバーにデフォルトのdevmode を返却するかどうかを制御することが可能になる。
share modes
このパラメータは、smbd にクライアントの share mode を無視させたいという人々の要望に応えて復活した。このパラメータは「非常に危険」であり、どのような目的のものかを完全に把握しない限りは設定すべきでない。

2.2.3 の変更点

  1. Solaris ネイティブのコンパイラを利用した際の共有ライブラリのコンパイルにおける問題点の改修
  2. UNIX CIFS 拡張コードの追加(HPからの寄贈)
  3. クライアントがサポートしている場合、通信時に NT ステータスコードを利用するように変更
  4. smbclient において 8+3 形式の名前を表示する altname コマンドの追加
  5. const 宣言時に利用可能な endian マクロの採用
  6. 通信時のクライアント側のコードに Unicode を利用するように変更
  7. 不正なハンドルに対するエラーパケットを適切に返却するように修正
  8. NT エラーコードのマッピングテーブルを改良
  9. 多くの新しい点と印刷 RPC コールの追加
  10. Windows 9x クライアントが全ユーザーの一覧を表示できるように改良
  11. 同時にオープンされているファイルを識別するためのファイル識別子を追加(一意な識別子として dev/inode/time の利用を止めた)
  12. HP-UX 用の ACL コードの追加(HPからの寄贈)
  13. vfs インタフェースを更新(再度の更新!)
  14. MS-DOS コードページ 866 から 1251 へのマッピングを追加
  15. winbindd が quit/hup シグナルを適切に処理できるように修正
  16. スケーラビリティを考慮し、起動時や終了時に tdb の全体検索(traversal)を行なわないように修正
  17. homes 共有に対する path 設定のバグを修正
  18. OS/2 の copyfile の修正
  19. グループが複数行にわたる場合のグループメンバーシップに関する修正
  20. POSIX ACL マッピングコードでコアダンプする問題を修正
  21. UNICODE 関数(put/get)の整理
  22. rpcclient を新しい libsmb コード上に移植
  23. 実装されていなかった Windows 2000 のパススルー trans2 コールの追加
  24. すべての tdb コールの返却値チェック
  25. WINSサーバが停止していても、ローカルに登録した NetBIOS 名の検索が機能するように修正
  26. winbind 用の PAM セッションコードの追加
  27. すべての検索に対して、winbindd キャッシュ機能を追加
  28. ファイルサイズが不正になってしまう allocate のバグを修正
  29. 書き込みキャッシュコードを修正 - 現在は安全に利用できる
  30. winbindd のメモリリークを修正
  31. winbindd が名前の検索を行なうようになった(これにより、オープンソースでないシステムにおいても、nsswitch 経由で WINS の検索を行なえるようになった) SGI により修正された
  32. passdb のメモリリークの修正
  33. LDAP コードが更新され、適切にメンテナンスされるようになった
  34. changeid がどのように機能しようとしているかを判断した
  35. ダウンレベルクライアントの印刷において、NT がプリンタモニタウインドウで表示するのと同様の表示が行なわれるようになった
  36. spoolss の印刷 RPC の解析で、多くの改修が行なわれた
  37. PDC におけるパスワードの一覧処理が高速化した
  38. プリンタ状況変更通知メッセージの修正(HPによる成果)
  39. close コードにおける、タイムスタンプ変更処理の修正
  40. 長い間キャッシュに存在している短縮名(mangled name)に関するバグの修正
  41. delete on close 処理の修正
  42. すべてのファイルを O_NONBLOCK でオープンしないように修正
  43. シンボリックリンクを利用したくない場合、O_NOFOLLOW があるシステムでは、それを利用するように修正
  44. NT の補助グループ(suplementary group)情報を user トークンに追加
  45. DNS のタイムアウトによる影響の軽減(検索回数の削減)
  46. 現在のユーザー接続情報を保持するスタックの追加
  47. utmp コードの改修
  48. smbw コードの整理
  49. tdb オープンログコードの追加。幾つかの tdb に関する修正

2.2.2のリリースノート

2.2.2のニュースリリースを参照して下さい。

2.2.1aのリリースノート

2.2.1aのニュースリリースを参照して下さい。

2.2.1のリリースノート

2.2.1のニュースリリースを参照して下さい。

ダウンロードは、ftp://ftp.jp.samba.org/pub/samba/から行うことができます。
(ftp://ftp.samba.gr.jp/pub/samba/http://ftp.samba.gr.jp/pub/samba/も使用可能です。)

本件に関するお問い合わせ

日本Sambaユーザ会 広報担当: (press@samba.gr.jp)



Copyright © 1999-2018 日本 Samba ユーザー会 (Samba-JP)
2011-12-19 01:17:47 JST 更新